高速バス

絶対に用意しておきたい夜行高速バス攻略のための快適グッズ

夜行高速バスは、トリップマスターなべ自身も利用したことがありますが、1泊分のホテル代を節約しつつ、移動できるので金額面でのメリットは大きいですよね。
しかし、夜行高速バスの移動で眠れないとなると、想像以上に体力勝負です。そんな夜行高速バスの移動を攻略するために、絶対に用意しておきたい快適グッズから、あると便利というものを、トリップマスターなべの独自の目線で紹介していきます。

night-highway-bus

 

なぜ、快適グッズを用意したほうが良いのか。

バス車内はほとんど寝る以外のことはできません。仮になかなか寝付けなかったとしても、スマホや携帯ゲームなどはカーテンの隙間から光が漏れて、周りの方へ迷惑をかけてしまいますし、車窓も暗い中走っているので景色も楽しむこともできず、他に暇をつぶせるような物はないです。
唯一できるとすれば、バス乗車前に買った食べ物を食べたり、飲み物を飲む程度ですが、においのキツい食べ物や、バリバリ音の出てしまうお菓子類、アルコール臭が漂うお酒も、やはり周りの迷惑となってしまいます。

そんな理由から、夜行高速バスに乗ろうとする時には、寝ることに特化した準備をして乗ることが、良い方法だと考えています。

これだけは絶対に用意しておきたい快適グッズ

  • ネックピロー(首もと用のまくら)
    バスの座席は頭の部分にクッションが付いていることがありますが、寝ることを考えると見た目以上に首への負担が大きいので、首を痛めることを防止して、快適に眠れるようにするために。
  • 耳栓 or 音楽プレーヤー
    道路走行中の騒音や、周りで眠っている人のいびきや寝言など、眠る上で気になってしまう様々な騒音をシャットアウトするために。音楽プレーヤーの場合は音漏れに注意しましょう。
  • マスク
    バス車内は夏でも乾燥していて、ほこりっぽいので、口の乾燥防止に。マスクのおかげでバス車内にこもるニオイもある程度カバーしてくれます。マスクにアロマオイルを数滴落としておいたり、寝顔が気になってしまう人は口元を隠すのにも有効ですね。
  • アイマスク
    バス車内は暗くなっていますが、カーテンの隙間から漏れてくる光はとても気になるもの。物理的に光をシャットアウトしてしまうと良いでしょう。

トリップマスターなべの実体験から、初めての人にオススメするとすれば、この4つだけは外せないアイテムです。これだけでも夜行高速バスの快適性は数倍も変わるはずです。

あると便利!必須ではないけど有効な快適グッズ

  • 小さめのバッグや巾着袋
    昼に走っている高速バスにも共通しますが、夜行高速バスは途中のバス停で降りる時には、停まっている時間が短いので、サッと持ち出せるように貴重品や充電ケーブル、快適グッズなど、必要な物だけを入れておくものがあるとスムーズに乗り降りができます。
  • むくみを取る靴下
    同じ姿勢で長時間を過ごすことになるので、夜行高速バスは足がむくみやすい環境なので、穿くだけでむくみがスッキリする靴下があると良いですね。
  • ウェストクッション
    同じく、長時間同じ姿勢で過ごすことになるので、上半身の重みが腰に来ます。腰の悪い方は必須になるかもしれませんが、少しでも疲れないようにするためにはあると良いですね。

夜行高速バス攻略のための快適グッズ。まとめ

トリップマスターなべが初めて夜行高速バスに乗った時には、バッグ一つで、特に何も準備せずに乗ってしまったため、一晩のバス移動で首を痛めてしまい、2日ほど仕事を休んだ経験があります。

準備の仕方一つで快適性が変わるのならば、是非とも準備しっかりで快適な移動にできると良いですよね。快適なバス移動にするためにも、いろいろと準備をして乗ることをオススメします。

この記事を読んだ人にオススメしたい記事

-高速バス
-, ,